• トップ
  • ご存知ですか? プライバシーマーク制度

ご存知ですか? プライバシーマーク制度

「知らない通販会社からDMが届いた」
「突然、売り込みの電話が頻繁にかかってくるようになった」
登録した覚えがないのに、自分の住所や電話番号、名前などの「個人情報」を誰かが知っていると感じた経験はありませんか?

日本では今、個人情報やプライバシーの取り扱いについての不安が広がる一方で、個人情報の保護への関心が高まっています。

みなさんは、「プライバシーマーク制度」と呼ばれる制度があることをご存知ですか?

「プライバシーマーク制度」は、企業や団体など(事業者)の個人情報保護の体制や運用の状況が適切であることを、消費者のみなさんに“プライバシーマーク”というロゴマークを用いてわかりやすく示す制度です。
1998年から一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)が運営しています。

このマークは、日本工業規格「JIS Q 15001:2006-個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」(平成18年5月20日改正)に基づいた基準に適合した事業者のみ使用が認められます。プライバシーマークの使用が認められた事業者はプライバシーマーク付与事業者 と呼ばれ、「個人情報」を大切に取り扱う事業者として、ホームページや名刺、ポスターなどにプライバシーマークを使用しています。

制度の発足から現在まで、企業や団体など多くの事業者にプライバシーマークが付与されています。プライバシーマーク付与事業者は、プライバシーマークを通じて「個人情報」を適切に取り扱っていることを消費者のみなさんにお伝えしていくとともに、そこで働く人々は責任の自覚をもって取り組んでいます。

あなたの「個人情報」を安心して提供するために、その企業や団体などの事業者がプライバシーマークを取得しているか確認してみてください。


プライバシーマークの付与事業者のリストはこちらからご覧いただけます。
プライバシーマーク付与事業者一覧

ページのトップへ戻る


「プライバシーマーク」「Pマーク」「プライバシーマーク制度」「Privacy Mark」「Privacy Mark System」は、一般財団法人日本情報経済社会推進協会の登録商標(R)です。