付与事業者: 15,506

制度案内

プライバシーマーク指定審査機関とは

プライバシーマーク指定審査機関(審査機関)

プライバシーマーク制度付与機関である、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(略称:JIPDEC)によって指定された民間事業者団体です。

審査機関は、会員からのプライバシーマーク付与に係る申請の受付・審査と付与適格決定可否等、付与機関と協調してプライバシーマーク制度の運用に重要な役割を担います。

審査機関の主な業務は、指定の際に決定されますが、概ね以下の通りです。

  1. 会員各社からのプライバシーマーク付与適格性審査の申請の受付
  2. プライバシーマーク付与適格性審査の申請の審査
  3. 付与適格決定の可否の決定
  4. プライバシーマーク付与適格決定を受けた会員の指導、監督
  5. 個人情報保護の推進のための環境整備
    • 当該業界の模範となる個人情報保護のための「業界ガイドライン」の策定
    • 業界ガイドラインに基づく個人情報保護マネジメントシステムの策定
    • 会員各社に対する個人情報保護マネジメントシステム策定の支援、指導

民間事業者が所属する事業者団体が審査機関となっている場合、プライバシーマーク付与適格性審査の申請及び業界ガイドライン、個人情報保護マネジメントシステム並びに申請に関する相談等は、当該審査機関に行ってください。

「プライバシーマーク指定審査機関の指定に関する規約」(PMK200) (運営要領ページへ)

「プライバシーマーク指定審査機関指定基準」(PMK210) (運営要領ページへ)

ページトップへ戻る