【ご案内】当サイトの閲覧には、SSL対応のブラウザをご利用ください。⇒WEBサイトの利用について

ホーム > プライバシーマーク審査員登録 > プライバシーマーク審査員の募集

プライバシーマーク審査員の募集

プライバシーマーク審査員(以下「審査員」という。)の業務は、申請事業者の個人情報保護マネジメントシステム(以下「PMS」という。)の構築及び運用(以下「PMS活動」という。)が、JIS Q 15001:2006(以下「JIS」という。)の要求事項に適合しているかを審査するものです。

改正個人情報保護法が平成29年5月30日に全面施行となり、今後ますます個人情報保護の重要性に対する認識が広まっていくものと考えられます。プライバシーマーク制度は、消費者や取引先に一目で安心・安全を訴求できる制度として、今後も事業者からの審査申請件数が増加していくものと予想されます。そのため、プライバシーマーク推進センターでは審査業務を担う人材の拡充を重要視し、関係機関と協力して審査員の募集を広く行っております。

審査員として活動いただくには

審査業務の実施には、前提としてJIPDECまたはプライバシーマーク指定審査機関(以下「審査機関」という。)のいずれかと審査員として契約する必要があります。

  1. プライバシーマーク指定研修機関プライバシーマーク審査員補養成研修コースを受講し所定の成績を修め、プライバシーマーク審査員登録機関で審査員補として資格を登録する。そのうえでJIPDECまたは審査機関のいずれかで、審査員実務研修をOJT形式にて行い、審査業務実務を積んでいく。
  2. JIPDECまたは審査機関のいずれかで、審査員実務研修の成果にもとづき審査員への格上推薦を受け、プライバシーマーク審査員登録機関にて格上が承認登録される。
  3. JIPDECまたは審査機関のいずれかと審査業務委託のための契約を締結する。

審査員の活動フロー
※黄色部分は審査員補

審査業務の大まかな流れ

  1. 審査員は個人情報保護規程類についてJISへの適合状況などを審査する。
  2. 規程通りに運用されているか確認するため現地審査を行う。
    現地審査の基本的な流れは以下の通りです。
    • 代表者へのトップインタビュー
    • 規程類に関する確認
    • 運用記録に関する確認
    • 事務・作業現場での確認
    • 総括
  3. 報告書を作成し、審査会で報告する。