このページはアーカイブ情報です。最新情報ではない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ホーム > お知らせ2006年一覧 > 「JIS Q 15001:2006をベースにした個人情報保護マネジメントシステム実施のためのガイドライン―第1版―」の公表について

「JIS Q 15001:2006をベースにした個人情報保護マネジメントシステム実施のためのガイドライン―第1版―」の公表について

平成18年9月1日

JIS Q 15001が改定され、名称も「個人情報保護マネジメントシステム―要求事項」と改称されて本年5月22日に公表されました。

この改定に伴いプライバシーマーク制度は、認証の基準としてJIS Q 15001:2006(以下「2006年版JIS」という。)を採用して運用をすることになります。

そのため、2006年版JISに対応した個人情報保護マネジメントシステム構築と運用のための指針となるガイドラインを作成しましたので公表いたします。

このガイドラインは、2006年版JISの要求事項を正しく反映した個人情報保護マネジメントシステムを効率的に構築できるようにすること、及び運用の局面においてもマネジメントシステムに沿った適正な運用ができるようにすることを意図して作成したもので、プライバシーマーク制度の認証基準に該当するものです。

「第一部 個人情報保護マネジメントシステム作成指針」では、個人情報保護マネジメントシステム構築にあたっての要点を述べ、「第二部JIS Q 15001:2006各要求事項についてのポイント」では、JIS Q 15001:2006の要求事項毎に、文書の作成及び運用のポイントをリスト形式で記述しています。また、付録として、1999年版をベースにした内部規程に2006年版を取込む際の注意点をまとめました。

事業者のご参考となれば幸いです。

なお、JIS規格本文のウェブでの転載・公表は、著作権者より許諾されておりませんので、標記公表資料の中にはJIS規格本文は記載しておりません。規格本文につきましては、(財)日本規格協会から販売されております規格本文、又は日本工業標準調査会のウェブサイトからご覧下さい。

「JIS Q 15001:2006をベースにした個人情報保護マネジメントシステム実施のためのガイドライン―第1版―」(PDF:671KB)

JIS Q 15001:2006規格本文の閲覧
日本工業標準調査会のウェブサイトhttp://www.jisc.go.jp/の「JIS検索」で、JIS Q 15001を検索して下さい。規格本文が閲覧できます。ただし、規格本体のみです。
JIS Q 15001:2006規格本文の入手
(財)日本規格協会(http://www.jsa.or.jp/)にお問い合わせ下さい。日本規格協会が販売する規格本文には、規格改正原案作成委員会による解説が付属しています。